logo

Next Page Loading...

食事・栄養篇 STEP3

いよいよレースが近づいてきたら
食生活で気をつけたいことは?
カーボローディング&
ウォーターローディング
について、学びました!

STEP3

  • 2時間以内で走るなら「カーボローディング」は必要なし。

  • 毎日、水を1.5リットル飲む「ウォーターローディング」を。

  • 水は1日8回に分けて、少しずつ飲むことが大切。

カーボローディングよりウォーターローディング

sato

前回は「走れる体づくりを意識した食事ポイント」だったけど今回はいよいよ「レースが近づいてきた時に心がけたいポイント」です。
本番まで1ヶ月を切ったら、ぜひやってほしいことがあるんです。

hazuki

もしかして、カーボローディング?

sato

よく知ってますね! やったことあるの?

hazuki

いえ、レース前にパスタを食べたらいい…ってことくらいしか知らないんですけど。

sato

ん~まあ、半分はその通りなんだけど。
カーボとは炭水化物、ローディングとは「ため込む」という意味。
炭水化物はグリコーゲンという形で肝臓や筋肉に貯えられるんですがカーボローディングとは「体内にグリコーゲンをたくさんため込んでおいてスタミナ切れまでの時間を伸ばす」という方法です。

hazuki

パスタを食べるのは根拠があったんだ!

sato

ただ、ハーフマラソンであればそこまでカーボローディングを意識する必要はないかも。
フルマラソンでは30㎞くらいのところでガクッとペースが落ちるでしょう?

hazuki

ハーフだと、その前にゴールしちゃいますね。

sato

2時間以内に走り切るなら、前日と当日の朝にご飯や麺、パスタなどの炭水化物をしっかり食べておく程度で大丈夫。
それよりも、今回ぜひがんばってほしいのが「ウォーターローディング」です。

sato

そう、ウォーターローディングとは読んで字のごとく体に水分をため込む方法。
毎日1~1.5リットルの水を飲むことでレース中のパフォーマンスを維持するんです。

hazuki

私、今でも毎日1リットルはお水を飲んでいるんです。
だから1.5リットルなら、ちょっとがんばればできますね!

sato

ただし!スポーツの後に一気に500ミリリットルとか、飲むんじゃダメ。
ウォーターローディングのコツは「少しずつ、体にしみこませるように飲む」ことなんです。